Tải bản đầy đủ

A case of effective neoadjuvant chemoradiotherapy with capecitabine for locally advanced sigmoid colon cancer

第 38 巻 第 6 号

● 症

2011 年 6 月

1021

例 ●

Capecitabine による術前化学放射線療法が奏効し
治癒切除が得られた局所進行 S 状結腸癌の 1 例


知 明

山道

啓吾

大石


賢玄

岩城

隆二

元廣



高之

〔 Jpn J Cancer Chemother 38 6 : 1021-1024, June, 2011〕

A Case of Effective Neoadjuvant Chemoradiotherapy with Capecitabine for Locally Advanced Sigmoid Colon Cancer: Tomoaki Yoh, Keigo Yamamichi, Masaharu Oishi, Ryuji Iwaki and Takayuki Motohiro(Dept. of Surgery, Osaka Saiseikai
Izuo Hospital)
Summary
A 60-year-old man was hospitalized for urodynia. Clinical examinations demonstrated a locally advanced sigmoid colon
cancer with direct extension to the bladder, rectum, and pelvic wall. We considered that curative resection was not possible
and performed temporary colostomy for fecal diversion. After colostomy, he was treated with neoadjuvant chemoradiotherapy(NACRT)for down staging. The radiation therapy was delivered with 45 Gy(1. 8 Gy/fraction;

5 days/week×5

weeks),
2
and the concurrent chemotherapy was performed with capecitabine(825 mg/m
/ twice daily on radiotherapy days). CT scan
confirmed a dramatic response with downstaging of the tumor following NA-CRT(clinical response, PR in the RECIST crite18
ria). Invasion of the tumor to pelvic wall disappeared on CT scan, and[ F]fluorodeoxyglucose positron emission tomography(FDG-PET)failed to demonstrate any distant metastasis. We considered that the tumor was hence resectable and performed total pelvic exenteration(TPE)1 month after NACRT. A pathological examination of surgical specimens confirmed a
R0 resection. The patient made an unremarkable postoperative recovery. He went on to receive adjuvant capecitabine chemotherapy, completing four cycles. He remains well and disease-free 10 months following surgery. NACRT with capecitabine
appears effective even for unresectable locally advanced sigmoid colon cancer. Key words: Sigmoid colon cancer, Neoadjuvant chemoradiotherapy, Capecitabine(Received Sep. 15, 2010/Accepted

Nov. 18, 2010)
要旨 症例は 60 歳,男性。排尿痛を主訴に受診した。精査により膀胱,直腸,骨盤壁に浸潤を伴う S 状結腸癌と診断した。
切除不能と考え,人工肛門造設の後,腫瘍縮小目的で術前化学放射線療法(NACRT)を施行した。放射線治療は 1.8 Gy×5
2

日/週×5


週,計 45 Gy,併用化学療法は capecitabine を用い,825 mg/m
/ ×2/日×5/週×5


週を施行した。NACRT 後,CT
で腫瘍の縮小(効果判定,RECIST 基準 PR)を認め,膀胱,直腸への浸潤は遺残したが,骨盤壁への浸潤は消失した。FDGPET で遠隔転移が認められず,治癒切除可能と思われた。NACRT 終了後 1 か月に骨盤内臓全摘術(TPE)を施行,病理組
織学的にも治癒切除できた。術後経過は良好で,capecitabine 術後補助化学療法を 4 コース施行し,現在,10 か月無再発生
存中である。capecitabine を用いた NACRT は切除不能局所進行結腸癌に対して有用な治療法と考えられた。
姻姻姻姻姻姻姻姻姻姻姻姻姻姻姻姻姻

する。

は じ め に

Ⅰ.症

切除不能進行大腸癌は,最近の化学療法の進歩により
生存期間の延長が得られるようになったが,化学療法だ
1

けでは治癒を望むことは困難である 。



患者: 60 歳,男性。
主訴: 排尿痛。

今回われわれは,切除不能局所進行 S 状結腸癌に対し

既往歴: 慢性 C 型肝炎。

capecitabine を用いた術前化学放射線療法(NACRT)

現病歴: 2009 年 8 月に排尿障害を主訴に当院泌尿器科

を施行し,治癒切除が得られた 1 例を経験したので報告

受診。腹部 CT で巨大腫瘤を認め,S 状結腸癌の疑いで



大阪府済生会泉尾病院・外科

連絡先: 〒 635-8501 大和高田市礒野北町 1-1

知 明

大和高田市立病院・外科

Pier

e

Press of Integrated Electronic Repository


1022
a

b

c

Fig. 1
a: Enhanced CT revealing a large tumor with direct extension to the bladder and
rectum(arrows)in the pelvic cavity prior to treatment.
b: Enhanced CT showing a dramatic response with downstaging of tumor(arrow)
following NACRT.
c: FDG-PET showing abnormal accumulation of FDG in the pelvis(arrows, SUVmax:
7.78)following NACRT. No abnormal accumulation is seen in any other sites.

2

消化器内科に紹介となった。下部消化管内視鏡検査で S

tabine 825 mg/m
/ ×2/日×5/週×5


週を施行した。有害

状結腸に高度の狭窄を認めたため,手術目的で外科に紹

事象は特に認められず,治療後の CT では腫瘍の著明な

介入院となった。

縮小(縮小率 60%)を認め,効果判定は RECIST 基準で

入院時現症: 腹部に右下腹部に弾性硬,手拳大の腫瘤
を触知した。

PR であった(Fig. 1b)。膀胱・直腸への浸潤は一部残存
したが,骨盤壁への浸潤は消失した。FDG-PET でも遠

入院時血液検査: 白血球上昇(15,300/mL)

,CRP 上昇

隔転移は認められず(Fig. 1c)
,切除可能と考え,骨盤内

(6.69 mg/dL)を認めた。腫瘍マーカーは陰性(CEA


臓全摘術(TPE)を術前治療終了後 4 週間の 2008 年 12

1.2 ng/mL,CA19-9

10 U/L,PSA

1.3 ng/mL)であっ


月に施行した。腫瘍は膀胱,前立腺へ浸潤していたが,

た。

R0 切除ができた(Fig. 2a)。病理組織学的検索では S 状

下部消化管内視鏡検査: 直腸 Rs 部の口側に 2 型腫瘍

結 腸 癌 tubular adenocarcinoma well differentiated

が認められ,狭窄のため内視鏡の通過は困難であった。

type,pSi(膀胱),ly1,v1,pDM0,pPM0,pRM0,n1
(#251: 1/4)で組織学的にも治癒切除が得られた(Fig.


生検では結腸由来の腺癌の所見であった。
胸腹部造影 CT 検査: 骨盤腔内に広範に拡がる腫瘍が

2b)。なお,組織学的治療効果は Grade 1a であった。術

認められ,腫瘍の中心は S 状結腸で膀胱,直腸,骨盤壁

後経過は良好で術後 1 か月に退院した。外来で capeci-

への浸潤が疑われたが,遠隔転移は認められなかった

tabine による術後補助化学療法を 4 コース施行し,術後
10 か月の現在,無再発生存中である。

(Fig. 1a)。
臨床経過: 排便障害と腹部膨満感が強く腸閉塞が危惧

Ⅱ.考

され,緊急手術を行った。開腹所見では腫瘍は骨盤腔内



で一塊となり,骨盤壁への浸潤も認められ切除不能と判

切除不能局所進行直腸癌に対しては,R0 切除をめざ

断し,横行結腸人工肛門造設術を施行した。なお,明ら

した化学放射線療法(CRT)が欧米において積極的に行

かな遠隔転移は認めなかったため,腫瘍の縮小が得られ

われており,大腸癌治療ガイドラインでも推奨されてい

れば治癒切除も可能と考えられ,NACRT を施行するこ

る(推奨カテゴリー C)
。しかし,切除不能進行結腸癌の

とにした。方法は 1.8 Gy/日×5/週×5


週間,計 45 Gy

標準治療は化学療法とされ,化学療法が奏効して切除可

を全骨盤腔に照射,化学療法は照射日に併せて capeci-

能となることもある が,多くの症例は腫瘍増大の遅延

Pier

1)

e

Press of Integrated Electronic Repository


第 38 巻 第 6 号

2011 年 6 月

1023
b

a

Fig. 2
a: Resected specimen showing type 2 sigmoid cancer with invasion of bladder.
b: Microscopic finding of resected specimen showing well differentiated tubular adenocarcinoma(pSi-bladder, ly1, v1, pDM0, pPM0, pRM0, pN1-#251 1/4).

Histological
response of NACRT was grade 1a.
Table 1 Previously reported cases of chomoradiotherapy for locally advanced sigmoid cancer
Author
Inoue

Endo

2)

3)

Age
(yrs)

Sex

2003

59

M

Bladder

2004

38

F

Pelvic
wall
Rectum
Prostate
Bladder
Small
intestine
Vagina
Adjacent
organ

Mizukami

4)

2007

56

M

Watanabe

5)

2007

59

F

2010

75

M

Kuga

6)

Organ of
tumor
invasion

Year

RT
(Gy)

Clinical
response

Low-dose FP

62.4

PR

5′
-DFUR

48

PR

5-FU
FOLFOX
5-FU
FOLFOX

39.6

PR

41.4

PR

60

CR

Chemotherapy

UFT+Leucovorin
S-1+CPT-11

Operation
Low anterior resection
Total cystectomy
Prostatectomy
High anterior resection
Total mesorectal
excision
Left hemicolectomy
Resection of segmental
small intestine
Partial cystectomy
None

Prognosis
(survival
period)
ND

Alive
(27 months)
Alive
(3 months)
ND

Alive
(20 months)

RT: radiotherapy, PR: partial response, CR: complete response, ND: not described
8)

効果が得られる程度で治癒を望むことは困難である。ま

高い Elwanis らの方法に従った。実際,本症例でも有意

た,切除不能進行結腸癌に対する放射線療法は症状緩和

な有害事象は認めず,十分な腫瘍縮小効果を得ることが

1)

や延命目的の緩和治療の位置付けとされている 。一方

できた。直腸癌に対する CRT の標準的化学療法レジメ

で,切除不能 S 状結腸癌における CRT 奏効例の報告も

ンは 5-FU/LV

の経静脈投与 であるが,カテーテル留

2-6)

9)

。本症例は S 状結腸原発の進行癌が骨

置や長時間の持続点滴が必要である。capecitabine は経

盤腔内に広範に浸潤していたが遠隔転移はなく,局所の

口薬剤であるため患者の生活や行動の制限が少なく,放

コントロールがつけば治癒切除も可能と考えられ,局所

射線療法を併用しても外来で安全に施行可能である。

制御効果の優れた CRT を施行することにした。Table 1

Stage Ⅲ直腸癌の術後補助化学療法におけるランダム化

に局所進行 S 状結腸癌に対する CRT のこれまでの報告

比較試験において capecitabine は有効性および有害事

例を示す。化学療法のレジメンや放射線照射量は様々で

象 発 現 率 と も に 5-FU/LV

との非劣性が示されてお

あるが,いずれも奏効している。capecitabine は,2009

り ,今後,結腸直腸癌に対する CRT の標準的併用薬

年 9 月から切除不能進行結腸癌に対しても保険適応とな

剤として普及が期待される。

散見されている

10)

り本邦においても使用可能になったが,局所進行直腸癌



に対する CRT の併用薬剤としては多数の報告がある。
7)



Gérard らの phase Ⅲ study においては単剤での有効

切除不能局所進行 S 状結腸癌に対し,capecitabine を

性が証明されており,本症例でも使用することにした。

用いた NACRT を施行し,治癒切除を施行することがで

レジメンについては有害事象が比較的少なく,奏効率も

きた。本治療法は結腸癌に対しても有用な治療と考えら

Pier

e

Press of Integrated Electronic Repository


1024

れた。




7)

1) 大腸癌研究会/編:
/ 大腸癌治療ガイドライン 医師用 2010
年版.金原出版,東京,2010.
2) 井上 譲,中山善文,日暮愛一郎・他: 膀胱浸潤 S 状結腸
癌に対し術前化学放射線療法を施行し切除した 1 例.日
本大腸肛門病会誌 56(2): 91, 2003.
3) 遠藤俊吾,日高英二,永田浩一・他: 術前化学放射線療法
が奏効し,治癒切除を行い得た S 状結腸癌の 1 例.消内
視鏡 16(12): 1864-1867, 2004.
4) 水上博喜,吉澤康男,笹屋昌示・他: 術前化学放射線療法
が著効した S 状結腸癌直腸浸潤の 1 治験例.癌と化学療
法 34(6): 953-956, 2007.
5) 渡部秀樹,井上靖浩,廣純一郎・他: 切除不能 S 状結腸癌
に対し,集学的治療が著効している 1 例.日臨外会誌
68(Suppl): 789, 2007.
6) 久賀祥男,田中友隆,有田道典・他: UFT+Leucovorin
併用放射線化学療法および S-1+CPT-11 併用療法が奏

Pier

8)

9)

10)

効した切除不能進行 S 状結腸癌の 1 例.癌と化学療法
37(3): 531-534, 2010.
Gérard JP, Azria D, Gourgou-Bourgade S, et al: Comparison of two neoadjuvant chemoradiotherapy regimens for
locally advanced rectal cancer: results of the phase Ⅲ
trial ACCORD 12/0405-Prodige

2. J Clin Oncol 28(10):
1638-1644, 2010.
Elwanis MA, Maximous DW, Elsayed MI, et al: Surgical
treatment for locally advanced lower third rectal cancer
after neoadjuvant chemoradiation with capecitabine:
prospective phase Ⅱ trial. World J Surg Oncol 7: 52,
2009.
Braendengen M, Tveit KM, Berglund A, et al: Randomized phase Ⅲ study comparing preoperative radiotherapy with chemoradiotherapy in nonresectable rectal cancer. J Clin Oncol 26(22): 3687-3694, 2008.
Twelves C, Wong A, Nowacki MP, et al: Capecitabine as
adjuvant treatment for stage Ⅲ colon cancer. N Engl J
Med 352(26): 2696-2704, 2005.

e

Press of Integrated Electronic Repository



Tài liệu bạn tìm kiếm đã sẵn sàng tải về

Tải bản đầy đủ ngay

×